経営ドクター島村信仁の「商人道」心学商売繁盛塾ブログ

今、日本の世の中は人口減少、少子高齢化など大きな変化が起きています。私たちのような中小企業・個人事業・個人店は大手企業やコンビニなどのFC店のような商いをしていては長くは続かないのではないでしょうか?商いを行う上で本当に大事な根っこである商いの心である「心学」。石田梅岩が提唱した商人道を自分なりの視点からお伝えさせて頂きます。

● 無駄なことをやるから面白いこんばんは。島村信仁です。アメリカの野球、大リーグ機構で、敬遠(意図的にフォアボールを出すこと)は、監督が球審に意思表示するだけでボール球を投げずに打者が一塁へ歩くことで決定しました。もしかするとこの流れが日本の野球にも適用 ...

● 閑古錐の考えで商いをするこんばんは。島村信仁です。今日のブログのテーマに書いた「閑古錐」。これは「かんこすい」と呼びます。お店が暇で、閑古鳥が鳴く・・・という言葉で閑古というのは聞いたことがあると思います。暇という意味や静かに落ち着いているという意味 ...

● 自分都合の商いこんばんは。島村信仁です。3月になると「決算」というのぼりやチラシ、POPなどを見る機会が多くなります。大手の会社や大企業によくみられるこの決算セール。完全にお客様には一切関係なく、会社都合、自分たちの都合ですよね?決算だから、今買ったほう ...

↑このページのトップヘ