⚫︎本日、石田梅岩についての講演をさせて頂きます

おはようございます。経営ドクターの島村信仁です。

本日は、商人道の開祖、石田梅岩についての話を東京、新宿にて話をさせて頂きます。

経営の神様と言われた松下幸之助を知らない人はほとんどいないかと思いますが、松下幸之助が商売を勉強したという師匠である石田梅岩を知っている人はほとんどいません。

石田梅岩の生まれた京都府亀岡市で講演をさせてもらった時に地元の方に「失礼を承知で質問させて下さい。石田梅岩の名前だけで構いません。知っている方はどれくらいいらっしゃいますか?」と聞いたのです。

手が上がった人数は会場の半分でした。地元ですら半分しか知らない状況に愕然としました。

他の地域で質問しても手が上がるのは40人いたら1人か2人です。

私も石田梅岩、正直知りませんでした。

A03B1922-6DBD-4474-AEDD-FC407E4C0848


誰?って感じです(笑)

読書をした事で初めて知りました。

こういう方が日本にいたんだと。 

江戸時代に庶民に語り続けてくれたからこそ、今の日本人にその考え方、生き方が遺伝子の中に残っているのだろうなあと思わずにはいられません。

 石田梅岩の商いの考え方を元に今の時代ならこういう考えで商いをすると良いのではないか⁉︎

東京にある具体的なお店の事例を交えながら約90分話をさせて頂きます。

 テーマが「忘れちゃいけない 日本の商人道 繁盛店はこうして作れ」となんだか凄いタイトルになっていますが、私の話を聞いても繁盛店にはならないと思うんですよ。

意図的にこうやってやれば繁盛店が作れますよという人の手が入った自ら(みずから)ではなく、お客様を喜ばせることをやっていたら自ずから(おのずから)繁盛していたというのが自然な流れではないでしょうか。

聞きたいという方がいれば、当日参加でも大丈夫ですので、 ぜひ会場までいらしてください。

今日の講演の会場や時間はこちらから確認してください。 

会場でお待ちしています。