●歪みは不正

おはようございます。経営ドクターの島村信仁です。

昨日、心学商売繁盛塾に参加して下さった皆様、ありがとうございました。

毎月、読書会の時は、私と事務局をしてくれている大野和弘行政書士事務所の「おーちゃん」が講という形で時間をとって10分ほど話をさせて いただいています。

昨日、おーちゃんが話してくれた内容が本当にその通りだなあと私自身、非常に勉強になったこともあり、ブログで書くことにします。

本当は、この講の話は参加した塾生しか聞くことができない特別なものです。

が、出し惜しみせず、その話を少し公開させてもらいます。

全部の話は、おーちゃんが経験した自分なりの体験に基づくこともあり、私には語れない内容なんですね。

おーちゃんは歪みについて語ってくれましたが、その事例として仕事で相続に関わることでから気づいたことを話してくれました。

おーちゃんが話してくれた結論を一部紹介し、自分なりに気づいたことや感じたことを綴ります。


おーちゃんは結論としてこう語っていました。

【歪みって漢字で書くと不正って書くんだよね。歪みというものは何か大きな力で是正されていく。歪みは無意識のうちに囚われた欲から生じてくる。皮肉なことに本人はそれに気付きにくい】と。

D53E1450-E36C-4926-9793-53FD09B77643


最近、逮捕されたある自動車会社の有名な会長。

高い役員報酬を始めとして海外に企業のお金で別荘を買っていたという報道まで色々とあります。

何が真実なのか?外部の私たちはわからないですから、ニュースから流れてくる情報をそのまま信じてしまうのは良くないのかなあと考えます。

ただ、おーちゃんが言うようにお金という欲に囚われていて、本人はそれに気づいていなかったと言えるのではないでしょうか?

そして、何か大きな力で是正されていく。

もし仮に、今回、内部告発だったとか色々と言われていますが、そうだとしたら、社内で働いている日本人の感覚としては、やっぱりおかしいという義憤があったのではないでしょうか?

経営陣か現場の人なのかはわからないですけれども。

いや、実際にあったかどうかわからないですよ。あくまでも私の想像でしかないですから。

ただ、日本人として、確かにあの会長は会社を立て直した凄い人だけど、やっていいこととそうでないことがある。

あの会長がいなくなったら、うちの会社はダメになる可能性があるけれども、それでもその不幸を運命だと受け入れて乗り切る覚悟を持ったからこその行動だったのでは?なーんて考えてしまうのです。

勝手な憶測ですけどね。

何か大きな力が日本人としての魂であってほしいというのは勝手な私の希望でしょうか。

三つの菱形の自動車も解任した流れを見ると、ちょっとそういう流れになってきているのか?と感じてしまうのです。

私たちのような庶民の感覚での話を例にすると欲は、幸せになりたい。お金持ちになりたい。美味しいものを食べたい。キレイになりたい。健康になりたい。といったところですかね。

こういう我欲を追い求めるほど 目が曇って、心も曇っていくと思うのです。

本屋さんで並んでいる売れている本って大抵こういう欲を刺激したものばかりじゃないですか。

今の世の中はこういう欲を是として、否定しない。

否定すると経済活動がまわらなくなるから。

欲深くなるにつれ、人の心は曇っていき歪む。

でも、本人はその歪みに気付かない。

側から見る人からは、歪みが良く見えているのに。 

ただ、歪みはそのまま歪みっぱなしではなく、元に戻ろうとする力が働き、歪む前の状態に戻るのも自然の摂理だと思わずにはいられない。



こんな話を心学商売繁盛塾では、ワイワイと参加した皆でしています。

なんだか、面白そうかも。自分も参加してみたいという方は、次回の心学商売繁盛塾は12月10日(月)に行うので、いらしてください。

答えを教える塾ではなく、問いに皆で考えるといった方がいいかもしれません。

詳細はこちらのブログにアップされますので、どうぞお気軽に参加ください。