●あなたは泥にまみれない

おはようございます。経営ドクター島村信仁です。

心学商売繁盛塾の相談したことのない相談役である(笑)読書のすすめの清水店長が泣いたという映画を観てきました。 

その映画がこちら。

8D66B298-7454-4B59-9198-EA7F19B322BB

人魚の眠る家です。

確かに涙が止まらなかったです。

子供もいないし、結婚もしていない私でさえ泣けるので、お子さんがいる親なら間違いなく泣けると感じました。

まあ、泣ける云々の話を伝えたいわけでは決してなく。

この映画を観ていて強烈に残った一言があります。

それは「あなたは泥にまみれない」です。

篠原涼子さん演じる奥さんが、西島秀俊さん演じる旦那に離婚を告げます。

その離婚になった原因は浮気と旦那さんは思うのですが、実はそうではなかった。

浮気が原因ではあるのだけれども、浮気したことが直接の離婚の原因ではなく、浮気して離婚ってなった時に、西島秀俊さん演じる旦那さんが「離婚は嫌だ」って感情を露わに拒否することがなかったからなんですね。

「あなたはいつもそう。泥にまみれない。」

これ、自分自身が言われているかのようでした(苦笑)

泥にまみれないで済むように嫌なことや感情を露わにすることを避けて通る。

避けて通るとその時はうまくやり過ごしたようにはなりますが、 深みのある人間にはなれないんですよね。

周りから見た時に浅い人間というのがわかってしまう。

泥にまみれることを嫌だけれども喜んで受け入れる。

ダサくても情けなくても惨めでも泥にまみれて、そこからなんとかして這い上がってこない限り自分自身が変わることはないですから。

 お釈迦様が「蓮は泥より出でて泥に染まらず」と言いました。

 ハスの花ってお釈迦様と一緒に描かれますよね。

綺麗な花なんです。

 6B501D16-2C9D-4A91-A769-6083D4FB4057

このハスの花ってある特徴があるんですね。

それは、 キレイな水では咲かない花なんですよ。

泥水から出てくる花なんですけど、泥水に染まるわけでもなく、とても泥水から出てきたとは想像できない美しさ。

人間も同じなんではないでしょうか?

嫌なことを避けて、ソツなく、要領よくこなすとハスの花のような本当の美しさにはならない。

私たち人間は泥にまみれて苦労しないとあかんのです。

 


次回の心学商売繁盛塾は12月10日(月)に行います。