● 本当にそれ買う必要ありますか?(イースター)



こんばんは。島村信仁です。



今日は4月15日です。



明日、4月16日(日)は何の日かご存知でしょうか?



イースターという日なんです。


イースター



イースターというのはキリストの復活祭を祝う日です。


こんな日があること自体、私は今年初めて知りました。


この日を消費させるイベントとして小売業各社は、あの手この手で私たちにお金を使わせようとしています。


イースターを象徴するウサギや卵型のお菓子を用意して、我々を「消費」させようとしてきます。


ハロウィンに次ぐ大きなイベントとして、売上を上げるために、消費の仕組みに私たちを組み込むために、明日はイースターのアピールがスーパーや百貨店などに行くと見受けられることでしょう。


ここで、皆様に問いたいのですが・・・


このイースターでウサギや卵型のお菓子を買う必要ありますか?


別にキリストの復活を心からお祝いする人はそれほど多くはないはずですよ。


それよりも企業の消費させる罠にはめられて、このお菓子可愛い!

色が可愛くていいよね~♪

って感じで買う方が多いのではないでしょうか?


本当にそれ買う必要ありますか?ってことです。


何も考えずにただ、世の中から仕掛けられたことにそのまま乗っかってしまうと、消費から逃れられなくなります。


イースター・・・本当に明日はそのようなイベント必要ですか?


そして、今、それを買う必要ありますか?


自分自身の頭で考えて動く必要が、私たちは必要なのではないでしょうか?


バレンタイン。ハロウィンに次いで、また搾取されるイベントが出来上がりましたね。



● 4月24日(月) 心学商売繁盛塾の読書会を読書のすすめで実施します