●陰徳に陽報あり、陽徳に陰報あり

こんにちは。経営ドクターの島村信仁です。

郡山市は昨晩から雪が降り、雪かきでブログの更新遅くなりました。

陰徳に陽報ありという言葉があります。

F28ACD5B-779E-49D6-A2CE-A31230DC3D45


人知れずに良いことをしていると後で良いことが起こるよーって事ですね。

人知れずにってところがものすごく大事。

でも、現代人はSNS、特にFacebookで見ていると逆の事をしていて気持ち悪い人ばかり。

〇〇のボランティアに参加してきました(^-^)

復興支援の一環として〇〇の 商品を買いました。

 寄付で直ぐに〇〇を送りましたー。

〇〇に募金して誰かを助ける良いことを自分はしていまーす。

もう、こんなんばかりですよ。

陰徳って人に認めてもらうことではないですよね。

Facebookにこういう事をあげてしまっている人たちって結局は心の根っこは承認欲求の塊なんですよ。

自分を認めて。いいね!押して。って。承認欲求の病にかかっています。

投稿見ると見えてしまいます。

「陰徳」が「陽徳」になってしまっていることに気付いていない。

誰かに認めて欲しくてやるのではないし、わざわざそんな事をSNSであげる必要もない。

陽徳に陰報あり なんて言葉はありません。勝手に私が考えました。

ただ、私はこんな良いことしていますよアピールをしている限りは陽報は来ない。

物事はコインの裏表なんですから、人知れずに良いことをしているのが、神様であったり、他の誰かがたまたま見ているかもしれない。

それでいいじゃないですか。

いい加減、自己承認欲求の病から抜けましょうよ。

こんな事を心学商売繁盛塾では読書会をキッカケに皆様と話をしています。

いよいよ明日、今年最後の読書会を行います。奮ってご参加くださいませ。