●  この差ってなんですか?良い美容師とそうでない美容師

おはようございます。島村信仁です。

以前、TBS系列のテレビで「この差ってなんですか? 良い美容師とそうでない美容師」という特集をやっていました。←詳細はこちらをクリック

皆様が感じる良い美容師とそうでない美容師の差ってなんですかね?

このテレビでは、第3位はお客様のスケジュールに合わせてカットする です。

お客様が髪を切りに来るのは、例えば結婚式が髪を切りに来た日から何日後にあるからとその予定から逆算して切るのだそう。

こんなこと出来るんですか?(゚∀゚)

いやはや驚きです。凄い技術としか
言いようがないです。

第2位は、前回と同じ髪型にしてくれる です。

アッコにおまかせ!で有名な和田アキ子さん。

アッコさんは2週間に1回髪を切りに行っているそうです。

そして、いつ切ったかわからないようにいつも同じ髪型と長さにしているそう。

確かにいつも同じ髪型のイメージしかないですよね。

前回と同じ髪型は難しいからこそ、出来る美容師は信頼されるんですね。

そして1位はお客様がどこが気に入っていないかを気付くことができる です。

美容師が切り終わった後にお客様から離れてその様子を見ていると不満があるところに手が行くので、どこが気に入っていないのかに気付けるのだそう。

確かに自分に置き換えてみてもそうですね。

あまり気に入っていない部分に手が行ってしまいます。

だって、自分で気に入っている部分は崩したくないから、触らないようにしますもんね。

なるほどなあと感じます。

私は床屋さんに行って髪を切ってもらっています。

その床屋さんのトイレにはこんな感じで貼り紙がしてある床屋さんなんです。

0AD796CC-656E-4097-A816-17CD24D1550C

つもり違い10ヶ条ですね。

本当にその通りだなあと。私は全部当てはまります(笑)

1D1C4EE9-9BCF-4B05-A055-DAA2CDAEFD04

これもその通りだなあと。これも全て自分に当てはまります(笑)

この床屋さんって髪を切ってくれる人が3人いるお店なんです。

1人はこのお店の奥さん。旦那さんはいらっしゃらないみたい。

もう2人は若い男性です。

この男性2人にそれぞれ切ってもらったことがあるのですが、1人にはあまり切って欲しくない。

もう1人には切ってもらいたいという男性なんです。

床屋さんだから指名することはないのですが、あまり切って欲しくない男性に当たるとテンション下がります(笑)

逆に切って欲しい人に当たると嬉しくなるんです。

何がこれだけ気持ちに差が出るのか⁉︎考えてみたんです。

テレビの美容師の「この差ってなんですか?」の上位の答えとは違う私の感覚の話です。

【切ってもらいたくない人の特徴】

● タバコ臭い

● 切り終わった後にお客様を見送ろうとせずにすぐに下に落ちた髪の毛の掃除を始めてしまう

● お客様の気持ちに沿った提案をしない
 
タバコ臭いのは、お前がタバコ嫌いだからだろ!とツッコミ受けそうですが(>_<)

自分は喘息持ちなので、タバコの煙がダメで、臭いもダメなんです。

吸っている人には大変申し訳ないのですが、無理なものは無理。

私が付き合う女性もタバコを吸っていない方というのが絶対条件なんですよ(^_^;)

他は特に気にしないのですが、とにかく喫煙している人は無理なんです。

呼吸が苦しくなるので。。。 

まあ、お前の彼女の条件なんか興味ないという感じだと思うので進めます(笑)

【髪を切ってもらいたい人の特徴】

●  会話を自然な感じでしてくれる

●  切り終わった後に私がドアを出るまで見送ってくれる

●  洗髪するときの誘導や座席に案内する時に「どうぞ」という声かけとともに手を差し出してくれる

●  お客様の気持ちに沿った、又はお客様が知らない最適なことを提案してくれる

このうちの4番目が自分は大きいですね。

最近、少しづつ白髪が出てきて目立つようになってきたんです。

この店員さんに「今まで一度も染めたことないんですけど、白髪染めって1度試してみようと 思って。。。」という話をしたところこういう返事が来たんです。

「白髪染めって、一見良さげに見えるのですが、今まで白かった髪の毛が全部黒になると逆に違和感を周りは感じます。それよりもボカして自然な感じにする白髪ボカシというのもあるので、もし染められるならボカシを勧めます」と教えてくれたのです。

白髪染めは3,240円。白髪ボカシは半額の1,620円 にも関わらず。

売上ではなく、お客様のことを考えて提案してくれるんですね。

白髪ボカシが落ちてきて、ボカシをするかしないか?微妙な時もその場でどちらとは決めないで、切った後の状態を見て、ボカすかどうか決めましょうと提案してくれるのです。

決して無理強いはしないし、売上の為というのが感じられないんです。

お客様に納得してもらった上で決めてもらうという接客なんです。

プロの美容師、床屋さんってお客様から好かれる人だと思わずにはいられません。 

どんなに凄いカット技術があっても 、お客様から好かれないことには切るチャンスすらないわけですからね。


2月11日(祝、月)の心学商売繁盛塾では、どうすれば人から好かれるようになるのか?も含めた「個人商店の逆襲 」というテーマで話します。

お客様から好かれるように 商売について一緒に勉強しましょう。