●  イチロー選手、ありがとう、お疲れ様でした

こんばんは。経営ドクターの島村信仁です。

今日のブログは、役にたつ記事とかそんなんではないです。

イチロー選手の試合を観に行ってきたことへの想いについて好き勝手に書かせていただきます。

CE25FB9F-A34A-4B5D-9915-4742CEEDF32D

昨日行われたマリナーズ対アスレチックスの開幕戦の試合前の様子です。

FC3C61E5-A291-43C4-8B38-B30A60B4DB9F

イチロー選手は、私がいたライトスタンドに来て、手を振ってくれてそのあとベンチに戻っていくのですが、その後ろ姿です。

E6889FE7-3E2C-4D9E-8AD0-70C581A16A0B

開幕戦にふさわしい豪華な始球式でした。

投手は元マリナーズの佐々木主浩さん。

捕手は元マリナーズの城島健司さん。

バッターは世界一の盗塁王リッキーヘンダーソン。

もう、野球ファンの私からすると大興奮の始球式でした。

C374F0BC-3F96-4323-B79E-F0E2A884A31B

ライトの守備中にストレッチするイチロー選手。

7BB3A0D8-A575-49DB-A744-54AE4C5FDFC2

キャッチボールするイチロー選手です。

今回、なぜわざわざお金と時間をかけて福島県から東京ドームまで野球を観に行ったのか?

イチロー選手が自分たちの前で野球をする最後になるのではないか⁉︎

なんとなくですがそんな予感がしたのです。

引退は周りが云々言うのではなく、ご本人が決める事なので、私が思うのは本当に失礼な事です。

ただ、オープン戦からヒット打てないという結果が出ていない状況。

日本で2試合開幕戦から試合が行われる。。。というのもそう言う事なんだろうな。。。と察したわけです。

もちろん野球を続けて欲しい気持ちもありますが、メジャーは厳しい。

イチロー選手の野球姿が見られなくなる前になんとしてもイチロー選手を生で観て、手を叩いて、大声でイチローコールをして、感謝を伝えたかったのです。

ドーム内は物凄い温かい拍手に地鳴りのようなイチローコールでした。


守備につくたびに、バッターボックスに入るたびに皆からの応援がイチロー選手に注がれる。

日本人のファンだけではなく、外国の野球ファン、チームメイトだけでなく、相手の選手からも尊敬されハグされてベンチに退いたイチロー選手。

ここまで多くの人から愛された選手って長嶋茂雄さんの引退以来なんじゃないか?と思わずにはいられませんでした。

イチロー選手の活躍で今でも強烈に覚えているのがWBCベースボールクラシック第2回韓国との決勝戦で延長にセンター前ヒットを放って逆転したシーンです。

自分がセブンイレブンの仕事をしている時で、自分なりに辛い時期を過ごしていた時に、あのセンター前ヒットで諦めない勇気を自分に与えてくれたんです。

シーズン262安打のメジャー記録。日米通算安打の世界記録と様々な記録がありますが、自分のナンバーワンのヒットは韓国戦のあの一打なんです。

その後の仕事も諦めないで続けていく勇気を与えてくれた一打でした。

だから、現地に行ってお礼と感謝を伝えたかったんです。自分なりに。

声を出して応援する事、一緒に知らない人と拍手で盛り上げたい。

そんな思いから行きました。

感謝とお疲れ様と心の中でつぶやいて東京ドームをあとにしました。

イチロー選手、日本で9年、メジャーで19年の現役生活、お疲れ様でした。

そして、本当にありがとうございました。

イチロー選手と同じ時代、同じ日本人として生きられたことに心から感謝です。