● 回らない回転寿司屋




こんばんは。島村信仁です。




飲食業やコンビニのように食べ物を売っているお店、旅館ホテルのように食事を提供している商売。




結婚式場での食事も当てはまるでしょう。



食べ物を扱った仕事をしているとどうしても食べ物に対して「捨てる」「廃棄する」というロスが出ます。




私がコンビニで働いていた9年間は、毎日のように食べ物を捨てている現状を見ていて、もったいないなあと感じながら仕事をしていました。




なので、私の朝ごはん、昼ごはんは、担当しているお店を周り、もう少しで売場から下げて廃棄になるおにぎりやパンや弁当などをわざわざ買って食べていました。




少しでも捨てる食べ物を微力でも減らせないか・・・という思いもありましたし、何よりももったいないという思いがあったのです。




なので、食べるものを自分で選ぶという感覚はありませんでした。



何よりも食べ物を捨てているとバチが当たるという感覚がずっとあったのです。




回さない寿司



最近、回転寿司屋さんで回らない寿司が人気なのをご存知でしょうか?



回転寿司屋さんに行ったときに、あなたはレーンの上を回っている寿司を取るタイプですか?



それとも回っている寿司は、ひからびていて・・・乾いて美味しくなさそう。いつから回っているの?という理由で直接注文するタイプですか?



私は後者です。直接注文します。



捨てるのもったいないと思うなら回っている寿司を取れよと思われそうですが・・・自分の素直な心に従うといつから回っているかわからないから取れないですね。寿司の場合は。


今では、約80%もの人が注文するから、回っている寿司は廃棄になる割合が多いそうです。


なので、廃棄を減らす意味でも回らない寿司を増やしているお店があります。


それを実施しているお店が元気寿司。




別にこれを真似しようとかそういうことではなくて、日本人として私たちが持っている感覚「もったいない」



食べ物を無駄にしないためにどうすればいいのか?



こういう問題に対して少しでも考えて行動を起こすことが、今までの当り前を改善するきっかけになるかもしれません。



日本人として感じる素直な心をもっと大事にしていくと良いのではないでしょうか?





● 5月22日(月) 心学商売繁盛塾を行います。個人商店が繁盛し続けるために勉強する読書会を実施します。