● 「こんにちは」と「さようなら」に見る日本人の心の美しさ




こんばんは。島村信仁です。




普段、毎日のように当たり前のように使っている「こんにちは」と「さようなら」




この言葉の語源、意味を考えると日本人らしい心の美しさを感じざるを得ないのです。



日本の国旗は太陽を元にして出来ています。



私たち日本民族は、昔から太陽と共に生きてきている、太陽に感謝している民族なんですね。




この太陽のことを元々は「今日様(こんにちさま)」と日本民族は呼んでいたのです。



昔の日本人は、朝起きたら太陽に挨拶をして拝んでいました。



「今日は(こんにちは)」という意味は、太陽を拝みましたか?太陽の日の光を浴びていますか?というところから「こんにちは」という言葉が生まれました。


太陽と一緒に歩いていますか?太陽と一緒に歩いているのですね。さようならば、あなたは今日一日大丈夫ですね。元気に過ごせますね。


この「さようならば・・・」のさようならが「さようなら」の言葉の語源なんですね。



「こんにちは」も「さようなら」も相手の体のことを気遣って出ている言葉だったと知って本当に驚きました。



太陽から来た言葉であるということをほとんどの日本人は知らないのではないでしょうか?



こんにちは さようなら






私たち日本人のご先祖様は太陽と共に生き、感謝の思いが根底にあった言葉を使っていたんです。



日本人らしい商いをしていく上で、このように語源を知って、感謝の心を持って生きていきたいものです。




● 5月22日(月) 心学商売繁盛塾の読書会を行います。日本人らしい商いをしていけるように勉強しましょう。