● 自分のご先祖様を遡って調べてみた




こんにちは。島村信仁です。




以前、西田文郎さんの天運の法則の新刊出版記念講演会に参加してきたことをブログで書きました。



天運の法則




その時にご先祖様を知らなかった自分はその後に調べて、今現在までわかったところまでをお伝えします。




一番最初に戸籍の書類を取りに自分が住んでいる郡山市役所に行ったんです。



自分の住所がある市で取れると思ったら、私は結婚していないので、自分の一つ上、父親の本籍地がある市の市役所じゃないと取れないと言われたんです。



これは、実際に行かないとわからないことでした。




自分が住んでいるところでは戸籍の書類が取れないので、父親の本籍地がある市に行ってきました。




そこで、わかる範囲全てのご先祖様の戸籍が取れるものと安易に考えていたら、父親が結婚する前に生まれた本籍地のある市。


母親が結婚する前に生まれた本籍地のある市に行かないと私の母親と父親の父母、私から見た祖父母の戸籍の証明書は取れないということがわかったのです。



簡単にすぐには全部取れるわけではないんですね。



物凄く時間がかかります。




その後、母親が結婚する前に生まれた本籍地のあった市役所に行き、戸籍の証明書を取ってきました。




父親の方はまだ行けていません。




遠方で遠いために行けない場合には、電話で連絡すれば郵送でも送ってもらえるという方法もあると教えてもらいました。




が、自分は直接、足を運んでお金と時間をかけて取ってこようと考えています。




それは、一番最初に父母の戸籍の書類を見た時に心の底から先祖に感謝でき涙が出てきたからです。




自分の父母が結婚した年に日付、どのような名前の父と母からそれぞれ生まれたのか?




色々な細かい情報が書いているのです。




今まで自分ではわかっていました。




父と母が出会って、私が生まれた。




その父と母も私から見た祖父と祖母が出会って生まれたということは。




でも、理屈で分かっているのと戸籍証明書を手にしたときの重みが全然違うんですよ。




本当に自分は、ご先祖様のおかげで今ここに生かされているんだなあと自然と心から感謝の心が湧き出てくるんです。




理屈ではないです。これは動いて調べなかったら一生知らなかった感情です。




西田文郎さんが、五代以上前の先祖を知って初めて本当の感謝と言っていましたが、行動して初めてわかったことでした。




本当の感謝のまだ少ししか感じられてはいませんが、先祖に対する感謝の重みが全く違います。




時間とお金がかかって大変ですが、ぜひ自分の先祖を遡れるまで遡って調べてみて下さい。



本物の本当の感謝が頭ではなく、肚で肌感覚でわかるはずです。




● 5月22日(月) 心学商売繁盛塾の読書会を行います。今後の日本人らしい商いを勉強します!