● 人にだけ挨拶しないで物や場所にも挨拶する




こんばんは。島村信仁です。



毎日、私たちは商売をする上で「おはようございます」「お疲れ様です」という挨拶をします。


商売していない人で会社で働いている人も同じですよね。


人に挨拶するのは基本です。当たり前です。


まあ、挨拶しない人もいますけれども・・・今日はそこについては話をしないでおきます(笑)


それよりも普段から人に挨拶をしている人は、物や場所にも挨拶をしていますか?


挨拶は人にだけすればいいというものでもありません。


物や場所に挨拶することって大事です。


浅草で割烹屋の商いをされている女性経営者から聞いた話です。


料理を作ってくれる職人さんを採用して商売をしていた時に、職人さんが包丁でケガをしたりすることがあって、けがをすると料理が作れないからお客様に迷惑をかけることがあった。


そうならないように毎日、厨房に入る前に、今日もよろしくお願いしますと挨拶をして、終わった後に今日も一日ありがとうございましたと挨拶をするようになってから厨房でのケガが無くなったというのです。


別にそんなのたまたまじゃん!とか穿った見方を見る人には、そう思えるのかもしれないですが、物や場所に挨拶をするって大事だと思うのです。


身の回りの物に挨拶



例えば、美容師さんであれば大事な商売道具の髪を切るハサミ。


これに挨拶をする。


うどん屋さん、お蕎麦屋さん、居酒屋さんのような飲食店であれば、厨房やお店に入る時に挨拶をする。


私の場合、お店はありません。


出張で見知らぬ土地に行くことが多いので、自分なりに考え、お店や講演をする会場に入る時、出ると時に挨拶をするようにしました。


外様の者ですが、今日はこちらで仕事をさせてもらいます。よろしくお願いしますと。


時間が取れるときは、その地域の神社に参拝して、その場所で仕事をさせてもらう(させてもらった)ことについて感謝の挨拶を述べています。


別にそれでどうにかなるってわけではありません。


でも、私たちは人だけでなく、物や場所のおかげで仕事も出来るし商売も出来るし、生きることが出来ている。



こういう気持ちを日々の仕事で時間が無かったり、追われていると忘れがちですが、常に持って商いや仕事をしていきたいものです。



● 6月12日(月) 心学商売繁盛塾「商いの仕掛け学」行います。