● 常連さんを大事にする商い




こんばんは。島村信仁です。



皆様の家の郵便ポストに毎日のように手紙やチラシなどがたくさん入っていると思います。



今日、郵便ポストを開けたところ、このようなチラシが入っていました。


image



私の自宅近隣にある美容室のチラシです。



お店の名前は出さないようにしてチラシをアップします。



コンセプトとして、~すべてはお客様のために~と書いてあります。



技術保証制度として、カット2週間、パーマ・カラーは1ヶ月お直しが可能。



商品保証制度として、お買い上げいただいたヘアケア商品やヘアスタイリング剤が髪質にあわない時は、いつでも全額返金と記載されています。



ありがたいことですよね。自分の髪質にあわないものを使い続けるのは難しいですから。



そして、次にこう書いてありました。


新規の方、1年以上ご来店のない方限定:下記メニューより平日50%OFF、土日は30%OFFと。


ここに私は違和感を感じました。


今まで一度も来店しないお客様と一度は来店したけれども1年以上来店していないお客様だけ値引きします。


これ、色々なお店でよーーーーーーーーーーーく見かけるやり方です。


何に違和感を感じたか?


お店が商売を続けられるのって、常連のお客様のおかげだと思うのです。


美容室であれば、毎月髪を切ってくれるお客様。


毎月でなくても人によっては1ヶ月半の人もいるかもしれません。


でも、継続して通ってきてくれるお客様のおかげでお店は成り立っている。


新規のお客様って、お店が継続して商売をしていく上で売上0のお客様です。


1年以上来ていないお客様もその1年の間は、お店を継続して商いをしていく上で売上0のお客様です。


なぜ、お店が継続して商いをしていくのに通い続けているお客様(常連さん)を喜ばせることをしないのでしょうか?


なぜ、常連さんには値引きしないのでしょうか?


いや、値引きをしようとかそういうことを言いたいのではありません。


普通に考えたら、おかしくないですか?っていうことなんです。


常連のお客様が、このチラシを見たら、なんで毎月通っている私は・・・って思いませんか?


商いって、他にお店があるのにも関わらず、自分のお店を選んでくれる。


他に会社があるのにわざわざうちに依頼してくれる。


ありがたいことです。


どうしてうちに依頼してくれたのだろう・・・そう思うこともあります。


他にお店や会社がある中で、自分を選んでくれたお客様を喜ばせていくことが繁盛の種になると思うのです。


新しい人や去った人に焦点を当てるのではなく、今来てくれているお客様により喜んでもらう商いのほうが値下げよりもずっとずっと大事な事です。



● 6月12日(月) 心学商売繁盛塾「商いの仕掛学」を行います