● 本日は心学商売繁盛塾の日になります




おはようございます。本日は第2月曜日になるので、心学商売繁盛塾を行う日です。



毎月、第2・4月曜日に読書のすすめ店内で心学商売繁盛塾を行っています。


読書のすすめ




こちらが読書のすすめになります。



心学商売繁盛塾の今日のテーマは「商いの仕掛学」について話をします。



売上を上げるための仕掛けではありません。



これで儲けよう!とか売上を上げたい!とか思っている方には役に立たないかもしれません。


商品やサービスが売れる前には、知ってもらうという前提があります。


当たり前かもしれませんが、どんな商品でもどんなに品質が良くても、知らないものは売れません。


最近、私は日本人の体向けに作られたというTシャツを買いました。


本を読んで初めて知りました。へえ。こんなTシャツあるのかあ・・・と。


しかも白1色のシンプルなもので、2枚で2,500円程度の値段なんです。


男性が無地の白のみのTシャツを着るとなると肌着みたいで抵抗があるかと思います。


私もそうでした。


でも、このTシャツは日本人の体形に合わせてわざわざ作られたTシャツでした。


でも、本を読むまでは知りませんでした。


そして、そのTシャツを買いにお店に行ったのですが、見つけるまでが物凄い大変でした。


店員さんに聞けば早いのでしょうが、私は声をかけるのが苦手なので(笑)なるべく自分で見つけようとします。



どうしても見つからない場合は、聞きますが・・・


5分ほどでしょうか?探してやっと見つけましたが、陳列が結構適当で、サイズと首元がVとそうでないものが混在して並んでいて、見分けるのにも苦労しました。


この経験からも売れるためには、まず知ってもらうことが必要です。


どんなにいい商品やサービスでも知られないと売れません。


よく、この商品はいいものだ!でも売れない・・・


その場合にはやはり工夫が必要だと私は思うのです。


どんな工夫をすればいいのか?


について、今日は「商いの仕掛学」というテーマで話をします。


なんだか学問みたいですが(笑)


時間と場所の詳細はこちらを確認して下さい。一緒にどう工夫するといいか?考えていきましょう。