● 来てくれる床屋さん、訪問理容ベルフラワー




こんばんは。島村信仁です。



髪が伸びてきたら、床屋さんや美容室に行って髪を切ってもらう人が多いと思います。



予約専門店でなければ、店内に入って混み具合により待つことになります。



時間を大事に使いたい。有効に使いたい人にとっては待つという時間は惜しく感じるかもしれません。



私はなるべくなら待たないでサッと出来る方がありがたく感じる人間です。



そんな中、福島県福島市に来てくれる床屋さんがあります。



訪問理容ベルフラワーの村田妙子さんです。



自分の都合のいい時間に自宅や会社などに来て髪を切ってくれるのです。



私のように時間が惜しい方。



認知症の方。寝たきりの方。外出困難の方。退院後の自宅療養の方。にも喜ばれている床屋さんです。



image






基本私は自撮りが嫌いなので自分の顔はアップしません(笑)



自撮りで自分が中心!!という感じでフェイスブックやブログに写真をアップする人は男女問わず嫌いです(笑)



今回は、私の髪を切って頂いたので、こんなふうに自宅に来て切ってくれるんだよ~という証の写真です。



村田妙子さんは18年前に理容師としての経験を積み始めていました。



その時、それまで健康が自慢だったお母さんが、難病のために車いす生活になり、介護と理容師の仕事を両方必死に行ってきました。


その経験を元に3年前に訪問理容ベルフラワーを開業されました。


自分のお母さんのように介護が必要な方や寝たきりの方のために、理容の技術で役立ちたいと始めた仕事でした。


外出が困難な方でも「ただ髪を切るだけではなくキレイになりたい」という方がたくさんいらっしゃいます。


村田さんは、ただ切るだけではなく会話を大切にされています。


髪を切り終わった後に、家族の愚痴の話を聞くこともあるそうです。


他人だからこそ言えるということもあるじゃないですか?


長い時は髪を切る時間の2倍以上になる2時間も話を聞くこともあるそうです。


時間の許す限り、聞くことをしているとお客様から信頼を少しづつ得ることに繋がり、また髪を切ってもらうように依頼してくれるそうです。



髪を切ってもらうだけではなく、会話をしたい方。話を聞いて欲しい方もお客様にたくさんいるんですね。



自宅に来て切ってもらいたい。会社やお店に来て切ってもらいたい。



そのような方は、訪問理容ベルフラワーの村田妙子さんにお願いしてみてはいかがでしょうか?




上記のホームページをチェックしてみてください。


カット代はいくらなのか?うちまで来てもらう交通費がいくらかかるのか?詳細が掲載されています。






● 6月26日(月) 心学商売繁盛塾の読書会を行います