● 直感は魂からのメッセージ




こんばんは。島村信仁です。



西田文郎さんの天運の法則を読んでいると、次のような内容の文章が出てきます。





「あなたにとって人生で大切なものはなんでしょうか?」





こう質問されたとき、大切なものは、もちろんありますが大切なものにレベルがあるんですよね。





本当に大切なもの、そこそこ大切なもの、言われてみれば大切なもの。幅があります。




この中から理屈や論理ではなく、本当に大切なものを察知する能力を私たちの脳は持っていると。





損得勘定で頭が一杯になっていたり、一時的によければいいや・・・という考えだと本当に大切なものを選ばないといけない場面でそうでないものを選んでしまうと。




この本当に正しいものを選ぶ力が魂の力である。



自分が喜び、人が喜び、世の中が喜び、歴史が喜ぶ良いめぐりとわかっていると。




「本当はやめたほうがいいんだろうけど、理屈で考えて正しいほうを選んだ」




「なんとなくその気にならなかったが、話が進んでいなかったのでやってしまった」




直感ではなく、思考を信じるとたいていはうまくいかないと。



直感




ちょっとくらいなら大丈夫。ちょっとくらいならばれないだろう・・・がうまくいかない方向にいってしまう。




本当にこれをしていいのか?今のままでいいのか?




大事な局面で母親やお婆ちゃんの「やめなさい」という声が聞こえたり悲しそうな顔が脳に浮かぶはずだ。





親やおじいちゃんおばあちゃんを含めたご先祖様を悲しませるようなことはしてはいけない・・・そう考えるように我々の脳は出来ている。




物凄い大事な局面で、本当に大切なものを察知する能力を身につけるにはどうしたらいいのでしょうか?




直感に従って動いたほうがうまくいくのはなぜなのでしょうか?





明日、26日(月)に心学商売繁盛塾の読書会の中で話をします。一緒に天運を感じ掴むための勉強をしましょう。