● 大手が出来にくい買った後のフォローに力を入れる




こんばんは。島村信仁です。




人って、買い物をするときに買うまでに色々と悩むことがあると思います。



これを買おうかどうしようか?



金額が高くなればなるほど迷うし不安になります。



車や家を買う時を想像するとわかりやすいですよね。



100円のお菓子とかパンも何にしようか悩みますが、もし仮に失敗してもそこまでのショックは無いでしょう。



車や家を購入して、例えば家が欠陥住宅だったという方がショックの度合いは大きいはずです。


お客様って買う時も不安なんですけど、買った後も不安です。


買ってよかったのかなあ・・・


他にいいのがあったんじゃないのかなあ・・・


もう少し他の商品を見ればよかったかも・・・


そんな風に思いませんか?


大手になるほど、この買った後のお客様の不安に対して寄り添うことが出来ていないというのを感じます。



例えば、Amazonで購入した掃除機に不具合があったら、営業マンの人が購入した人の家に来るイメージはありません。


でも、町の電機店であれば、掃除機が壊れたとしてもフォローに来てくれるし、売って終わりではなく、その後の掃除機はどうか?フォローすることは出来ると思うのです。


大手がしにくいこと、弱い部分は商品を購入した後のフォローと感じます。


アフターフォロー



個人店や個人事業で商売をしている方は、大手と比較しても小回りがききやすいです。


何かあった時の決済も間違いなく大手より早い。


今までは大企業や大手の時代でしたが、これからはそうではなくなるのでは?とも感じています。


小回りがききやすいからこそ、お客様が購入した後のフォローに力を入れる。


こういうことを意識して商売をしていくだけでも変わってくるのではないでしょうか?



● 大企業に負けない個人店が儲かるよう商いの勉強をする心学商売繁盛塾を毎月第2.4月曜日に行っています