● 三性の理を教えてくれる札幌のラーメン屋一粒庵





こんにちは。北海道の札幌に行っていた時に入ったお店で「ほほう~」と感じることが出来たラーメン屋さんがあったので紹介させてもらいます。



そのお店の名前は一粒庵。



image





札幌駅前にあるホクレンビルの地下1階にあるラーメン屋さんです。


食券を買ってお店の中に入るシステムになっています。


何回も言いますが、食券はお客様との会話する機会を減らす、またはなくすものなので微妙なのですが・・・


それはいいとして、このお店のウリである匂わないニンニクを使った元気になる味噌ラーメンとチャーシュー丼の二品を注文しました。



注文し終わってふとカウンターを見るとこのようなものが。


image



なんと箸が2種類置いてあって、お客様に自由に選んで頂けるようになっています。


割り箸は木を使っているからダメなもの。環境に悪い。だから洗ってなんども使えるエコな箸を使おう!そんな感じで7年前あたりでしょうか。


私は割り箸を使うことを毛嫌いしてマイ箸を持っているのがカッコいいと思っていました。


でも、色々本を読んだり勉強しているとそうではないんですね。


国産の間伐材を使った割り箸ならむしろ使わないとダメだということがわかったんです。


木を間伐することが大事な事で、それによって切った木を使っているので環境破壊にはならないわけです。間伐をしないといけないものなので。


割り箸と間伐の関係についてはこちらにまとめてあるので読んでみて下さい。



これを知っていたので、日本の林業で生じた杉の間伐材を使った割り箸と書かれていたことにビックリしたのです。



このようにきちんと割り箸をどのような経由で作られたかって伝えてくれるラーメン屋さん、他飲食店ってありますか?


私は、年間で300軒以上は外食していますが、ほとんど見たことがありません。というか皆無です。


この一粒庵のお店が初めてでした。



どっちがいいとか悪いとか言う二元論の話だけではなくて、悪いという話の中にも善はある。


そういう善悪を超えた無記の眼で物事を見る「三性の理」をこの箸から感じたのです。


どちらかご自分で考えて選んでくださいと。


なるほどなあ・・・でした。


私は杉の間伐材を使った割り箸を選びました。


ほどなく元気が出る味噌ラーメンとチャーシュー丼が運ばれてきました。


え?食べすぎだろう?


まあ、そんな気もしますが(笑)やはり札幌に来ると食欲がわくのです。



image



これが元気が出る味噌ラーメン。ニンニクも匂わずに焦がしてあるニンニクも入っており絶品。




image




これがチャーシュー丼。うーん。肉が柔らかいです。腐っているわけではないですよ(笑)



そして、やられたーというのがこの肉の下に・・・


image





玉子の黄身が乗っていて、卵かけごはんwithチャーシューになるんです。


これまたさらに美味しいコラボ。


気になる方は、札幌ホクレンビル地下1階にあるラーメン屋「一粒庵」ぜひ、行ってみて下さい。




● 7月24日(日)心学商売繁盛塾の読書会を行います。女性、お子さん、商いをしていない人でも参加できる勉強会です。