● 大阪で研修の講師をさせてもらいました



こんばんは。島村信仁です。



今日、大阪→東京→埼玉の出張から福島県に帰ってきました。



福島は涼しいですねえ。



窓を閉め切って出張していたので、開けて前回にすると気持ちいい風が部屋の中に入ってきて、風鈴をチリンチリン♪と鳴らしてくれます。



image




こちらの研修会で招いて頂きました。




image





約30名ほどの薬局、薬店の店主の方々に参加して頂きました。


薬を日ごろから商いとして商売されている方々に向けての話であったために、自分も少し薬の歴史について勉強をして、話をさせて頂きました。


最後に話した内容にハンカチで涙を拭きながら聞いて下さった方もいて、「暑い大阪で熱い研修をありがとうございました」とのメッセージを頂くことが出来ました。



一番最後に伝えたのは「惻隠の情」という言葉についてでした。



この言葉が今の日本からは無くなりつつあること。元々はどういうところから出てきたのか?


そして、この惻隠の情にまつわる物語をお伝えして、薬局はドラッグストアのような品ぞろえや価格勝負のところと違って、お店にわざわざ来てくれた今、目の前にいるお客様の病気や健康に関する悩みや問題を解決することにどれだけ本気でやれるのか?が大事なのではないか?


ということについて話をさせて頂きました。



今回、初めて外部から講師を招いたと言われました。



一番最初に招いた人がダメだったら、大変なことになるという圧は感じましたが(笑)



そして、パソコンの調子が悪くパソコン自体が立ち上がらなくなったため120分自分の声だけで語らせてもらいました。



こちらもいい経験になりました(笑)



画面を見ながら頼っているとイザという時に話が出来なくなりますからね・・・



● 8月14日(月)心学商売繁盛塾、商いの失敗についてみんなで語り合いますよ♪