● 苦悩とは飛躍のことを言う



こんばんは。島村信仁です。



商売や経営をしていると良いことよりも辛いことや苦しいことの方が多いかもしれません。




思いもよらないことや「まさか!」ということも経験するのではないでしょうか?




私自身も思いもよらない「まさか!」を経営している中で、経験しました。



苦悩しているときは、よく「ピンチはチャンスだ!」といいますが、そんな風には正直思えませんよ。



そんな軽い言葉で無理に前向きにしようとしても、そう簡単にはなりません。



這いつくばって苦しい思いをして、乗り越えて振り返った時に「必要な経験だった」そう私は思うことが出来ました。



そしてこの「まさか!」という大きな苦悩を経験しないと商売も経営も飛躍しないと思うのです。



苦悩は飛躍

これは、イチロー選手の言葉です。


確かに苦しんで悩むことって、今の自分のままではダメだ。


このままの自分ではダメだ。変わりたい。成長したい。前進したい。


そういう思いがあるから苦しむし悩んで試行錯誤しながら行動します。



商売や経営は成功法則だけが成功するための道筋ではないのです。



苦悩する、失敗すること、苦しむことが繁盛するキッカケになるのです。



8月14日(月)に商売で失敗したことをみんなで語り合う失敗塾を行います。一緒に成功からではなく失敗から学び、それを活かしていきませんか?