●  PayPay手数料有料化に伴うお客からお店への支援


こんにちは。心学商売繁盛塾の島村信仁です。


今や買い物の支払い方法として多くのお店で導入されているQRコード決済。


PayPayやLINE Payやメルペイなど色々な決済が乱立しています。


そんな中、PayPayが10月1日から決済手数料を今までの 無料から、1.98%になるというニュースが流れました。

 毎月1,980円支払うPayPayマイストア ライトプランに加入すれば手数料は1.6%になるとのこと。


 1ヶ月にPayPayだけで58万円以上の売上が見込めるなら、そのプランに入った方が数字上では良さそうです。


まあ、最初の2ヶ月は1,980円のお金が無料とかお店に3%バックしますというキャンペーンを同時にやっているので、その辺りも考えないといけないのでしょうが。


あと結構大事なのは、今まではPayPayからお店に売上金が翌日に入金だった ものが月一に変わるとのこと。


商売をしている身からするとこっちの方がキツいです。


 月一の振込だと手元に現金がないんですよ。仕入れや支払いなど何かとお店は日々お金の動きが発生するのです。


月一の振込だとキツいから早期にお店に振り込みしてもらうことも可能ですが、それにはお店が手数料を支払わないといけないんですね。


さて、こんな状況の中、私たちお客は、どういう支払いをすればお店側は嬉しいのでしょうか?


おそらく、普段こんな事を考えることって無いと思うんですよ。


大事なところだから、もう一回書きますね。


どういう支払いをするとお店側として嬉しいのだろう?


ちょっと、こういう思考を持ってみてほしいんですよ。


いかに自分が安く買うか?


クーポン使うとお得に買える。


メルカリでお値下げ可能ですか?ってコメントして安く買おう。


今、キャンペーン中だから買っておくか。


日本人の大半の人の思考は、自分が得をするように買い物をする「損得の物差し」で動く人が多いと感じます。


ちょっと逆の考え方をしてみません?そうすればお店へ応援ができるんですよ。


自分が得をするのではなく、お店が得をするには?って。 


そうすれば、シンプルに現金で支払うのが1番喜ばれます。

67CB15D9-EBEA-4572-8CD2-D87CD3BA8BC7



現金があると助かる〜っていう思いがお店側は本音としてはあるけど、なかなか言えないじゃないですか。


 現金だとお店側は、釣銭の準備が大変、銀行への両替手数料が発生する(ゆうちょ銀行では2022年1月17日から様々な事で手数料が値上げになるので、ご自分で確認してください)、現金の保管場所や安全に保管するのが大変とか色々あると思います。


でも、やはり手元に現金があるとありがたいんです。 


日銭が入ってくる商売って本当助かります。


個人で独立して商売しているお店、小売店なら尚更です。


そういうお店で支払いする時は、相手を喜ばせる事を考えてみてはどうでしょうか?