● 働いて得るお金の値打ち



こんばんは。島村信仁です。




世の中で行われているセミナーで人気なのは、働かなくてもお金が得られるセミナーです。



アフィリエイトや株やFX、ネットワークビジネスも含まれるでしょう。




お金を稼ぐということに関しての価値観は人それぞれでしょうから、別に善悪だとかそういう二元論の話をしたいわけではありません。




ただ、汗水流して働いて得たお金の値打ちは、それを経験していないと心底わからないのは確かだと思うのです。


お金のことをいやしいと考えるのではなく、進んでお金を稼ぎ、本当の値打ちを教えていくことが大事ではないでしょうか。



次のような話があります。



子供たちが修学旅行の費用を夏休みの薬草採取で作り上げた学校があります。


子供たちは毎日、炎天下で薬草採取をしました。子供たちの両手では抱えきれないほどの大きなドクダミの束を作りました。それを陰干しにしました。



集めると、よく乾いて両手の指でつかめるくらいになってしまいました。



それを薬草屋さんに持っていくと「あんたのは乾燥のさせ方が立派だから、普通より高く買わせてもらいます」といって50円が渡されたと言います。



その子供は「100円のアイスクリームなんか平気で食べていましたが、炎天下の中、汗びっしょりになって集めた両腕で抱えきれないほどの束にして帰ったドクダミ。それを丁寧に乾燥させたのが50円。今までのお金の使い方が恥ずかしくなりました。」




とその日の日記に書いていたと言います。


(東井義男 いのちの教えより抜粋)




今の日本人は、楽して儲けよう。体を使わないでいかに楽するか。


こういう思考になってしまっている人が増えていると感じます。


楽して儲かる



上記のような汗水流して働いた経験をすると金銭教育と共に金銭を超えた世界の味が自覚できるようになるのではないでしょうか。



商人は、働いて得るお金の値打ちも人に教えることが出来る素晴らしい仕事です。



● 8月14日(月)商いや経営で失敗した事を語り合い、仕事に活かしていきましょう。お盆でも心学商売繁盛塾を行います。