●逆のものさし講とのコラボ講演、無事に終わりました

こんにちは。島村信仁です。

昨日、3連休の最終日は、読書のすすめ店主の清水克衛さんが主催する逆のものさし講と私達が主催する心学商売繁盛塾のコラボ講演をさせてもらいました。

私は、前座ということで(笑)1番最初に話をさせて頂き、約1時間講演をさせてもらいました。

参加して頂いた30名以上の皆様に1番持ち帰って頂きたかったことが。。。

《大(多)を疑って小(個人の商い)を貫く 》ということでした。


image


あ、この写真で話をしているのは私ではなく、出版社の吉川さんという男前な酔っ払いです(笑)

すでに講演前にビール3杯飲んでいましたΣ(゚д゚lll)

メガネがカッコいいんですよ。

あ、本人ももちろんエロかっこいいんですけど。。。

メガネの縁が外側は黒いけど、内側が赤色でオシャレなんです。

『カッコいいメガネですね〜( ´ ▽ ` )ノ』とお伝えしたら。。。褒められ慣れていないのか微妙に照れていました(笑)
 
話が脱線しました。

元に戻すと。。。昨日は、こうやればうまくいきますよー。成功しますよー。といった巷でたくさん行われている成功法則のセミナーとは真逆の話をさせてもらいました。

 なんといっても逆のものさし講とのコラボなので逆の話をしないと。。。( ̄+ー ̄)どやあ。

ということで、紹介させて頂いたのが、東京は蒲田にある《玉子屋》という仕出し弁当屋さんのこれを行うと経営が失敗する12のコツでした。

面白くないですか⁉︎普通の社是や社訓とは真逆の企業理念なんです。ここに書いていること以外ならお客様を喜ばせるなら何をしてもいいという会社さんなんです。 

12個全部の話は出来なかったので、3つ話をさせてもらったのですが、特に1番目の旧来の方法が1番良いと信じていることについて重点を置きました。

以前ブログで書かせてもらった恵方巻の事例をもとに、今まで増やそう!作れ!で、欠品は悪!といったスーパーやコンビニの流れを変えたことを伝えたら、ありがたいことに講演後、1番反響が大きく、心に届いたようで嬉しかったです*\(^o^)/*ムフフ。

今まで業界で当たり前だったやり方。大企業や大手であればあるほど疑わないし考えなくなってしまう。

数が多いものや規模の大きな企業が重視していることを、まずは少しでいいから疑ってみる。

本当にそれでいいの⁉︎って。

おかしくない⁉︎って。

この思考をしない《思考停止状態》になってはいけないと思うのです。

そして、ヤマダスーパーのように成長よりも食べ物を大事にするという大手と逆の発想でそれを貫く。

小さいお店だからこそできる事。数が少ないからこそできる事。お店が狭いからこそできること。

小だからこそできる事を貫く覚悟が今の商売には大事なのではないでしょうか⁉︎




⚫️ 心学商売繁盛塾、次回は2月26日(月)に行います。大企業や大きいもの、数の力に疑問があるという方、お待ちしています(o^^o)